試験・校正

Fig.1 試験機サービス拠点

 落下・衝撃試験機器は、一度ご導入いただくと長期間の使用になるため、長年にわたり、サポートできる体制が重要と考えます。

 神栄テストマシナリー株式会社は、1964年に創業した落下衝撃試験機・計測機器メーカである吉田精機株式会社の事業を継承していく経緯の中、2015年に設立されました。この間、ユーザの皆様が保有する試験機メンテナンス、計測機器の定期校正/修理、および試験・校正サービスを、途切れることなく提供してきました。

 現在では、つくば市にある本社を拠点として、これら試験機器に関わる各種サービス(試験機出張メンテナンス、計測機器の定期校正/修理、および試験・校正)を展開しています。

神栄テストマシナリー本社情報
住所〒300-2657 茨城県つくば市香取台B47街区11画地
電話029-848-3571(営業)
FAX029-848-3572
アクセスつくばエクスプレス線 万博記念公園駅 徒歩10分

Google Mapで見る


Fig.7 緩衝材試験装置
Fig.2 試験機組立
Fig.8 クッションカーブ
Fig.3 計測器製造、メンテナンス

お問い合わせはこちら

受託校正

日々の業務に利用されている加速度計や各種測定器の信頼性は、定期的な校正により保証されます。

校正とは、JIS-Z8103-2000によると、「計器または測定系の示す値、もしくは実量器または標準物質の表す値と、標準によって実現される値との間の関係を確定する一連の作業」とあります。つまり、国家標準とトレーサブルな標準器に対して、現場で利用される機器がどのくらいずれているかを確認する作業が校正です。

詳しくはこちら

主要試験規格

落下試験と衝撃試験における具体的試験・校正規格として、各試験分野での試験対象品と参考規格を整理しました。

詳しくはこちら


製品に関するご質問やご相談を承ります。
お気軽にお問い合わせください。


tel:029-848-3571

TOP