衝撃試験装置 ASQ シリーズ | Automatic (Square)Drop Shock Tester ASQ Series


衝撃試験装置 ASQ シリーズ
画像クリックで拡大

衝撃試験装置 ASQ シリーズ

衝撃試験装置 ASQ シリーズはマイクロデバイスから大型製品まで、正弦半波、台形波パルスによる衝撃試験が実施できます。

特徴

  • 台形波および正弦半波パルスを発生
  • 包装貨物の等価落下試験が可能
  • すべてパソコンと制御装置による試験条件設定と自動制御
  • 多チャンネルの衝撃加速度計測と各種解析(合成, SRS, SR, 損傷境界線図等)が行えます
  • 演算制御による再衝突防止機構
  • 剛性の高い衝撃台
  • 防振ベース機構で周囲に衝撃の影響を与えません

アプリケーション

  • ASQ-500 及び ASQ-700では、デジカメ、ビデオ、モバイル、液晶デスクトップPC等小型家電、化粧品、カーステレオ等の衝撃試験を実施できます。
  • ASQ-900、ASQ-1100、 ASQ-1500では、自動車部品、電子部品 冷蔵庫、大型テレビプラズマディスプレイ等大型家電、ビール・飲料水のカートン、大型事務機の測定物の衝撃試験を実施できます。

仕様

型式 ASQ-500 ASQ-700 ASQ-900 ASQ-1100 ASQ-1500
落下高さ (mm)※2 1500 mm
衝撃台サイズ
(W x D mm)
500 x 500 700 x 700 920 x 920 1150 x 1150 1500 x 1500
供試品最大質量(kg) 75 kg 100 kg 200 kg 300 kg 500 kg
衝撃波形 正弦半波 及び 台形波
最大衝撃加速度
正弦半波
6000m/s2 (600G)※1 5880m/s2 (600G)※1 5880m/s2 (600G) 4900m/s2 (500G) 4900m/s2 (500G)
最大衝撃加速度
台形波
1500m/s2 (150G) 1500m/s2 (150G) 1500m/s2 (150G) 1500m/s2 (150G) 1500m/s2 (110G)
最大速度変化
正弦半波
7.6 m/s※1 8.4 m/s※1 7.5 m/s 5.94 m/s 5.0 m/s
最大速度変化
台形波
7.3 m/s 8.0 m/s 7.0 m/s 8.0 m/s 8.0 m/s
衝撃作用時間範囲
正弦半波
4 - 25 ms※1 2.5, 6, 11, 20 ms
衝撃作用時間範囲
台形波
6 - 60ms 6 - 55 ms 6 - 60 ms
本体寸法
(W x H x D mm)※2
1300 x 2950 x 700 1600 x 3180 x 900 1800 x 3240 x 1150 2200 x 3300 x 1300 2500 x 3300 x 1800
本体質量 (kg)※2 1800 kg 4170 kg 5800 kg 9000 kg 15000 kg
防振ベース 空気バネ及び油圧ダンパー装置
再衝突防止機構 空圧-油圧・摩擦ブレーキ方式
制御装置 a. 動作制御部 (昇降、切離、自動繰返し)
b. 自動設定部 (マイクロコンピュータに依る)
c. 加速度、計測表示部
d. 保安警報部、電源部、コンプレッサ等
制御装置寸法 (mm) W575 x H820 x D750 ※2
電源 AC200V 3相 20A
適合規格 JIS C 60068-2-27, JIS Z 0119-94, JIS Z 0202-94,
IEC 60068-2-27,
MIL-STD-810E-89, 516.3

※1 緩衝可変装置による
※2 標準仕様による

オプション

等価落下用緩衝体 衝撃作用時間 2~3ms
緩衝体 各作用時間の緩衝体を選択
緩衝可変式正弦半波
プログラマ
ASQ-500 ・ASQ-700に装備可能 (MDST型参照)
包装貨物押え治具 包装貨物の等価落下試験で角, 稜落下の時に使用
ショックマネージャ
SM-500型
標準装備品
高加速度機構 衝撃作用時間が0.2 ・ 0.5 ・ 1 ・ 2で5000~50000m/s2の高加速度を発生 (高加速度発生装置参照)
低衝撃加速度機構 速度変化を1.4m/s以下の小さな衝撃を発生
コンプレッサー
安全装置 マットスイッチ ・ パトライト ・ 光電センサ・防護柵など
加速度ピックアップ


製品に関するご質問やご相談を承ります。
お気軽にお問い合わせください。


tel:029-848-3571

TOP