緩衝材料評価試験装置 ACST-200 | Automatic Cushioning Shock Tester ACST-200


緩衝材料評価試験装置 ACST-200
画像クリックで拡大

緩衝材料評価試験装置 ACST-200

緩衝材料評価試験装置 ACST-200 は包装用緩衝材料の動的特性を解析する試験機です。繰返し試験によって繰返し衝撃による緩衝効果の劣化, 厚み損失等の測定が行え専用解析ソフトウェアにより多彩な解析が行えます。

概要

  • 試験緩衝材料に発生する加速度波形、変位波形、衝突速度が簡単に測定できます。
  • 緩衝特性解析ソフトウェアとの連携によって, 緩衝材料の応力-ひずみ曲線、緩衝係数曲線、クッションカーブ(最大加速度-静的応力図)が簡単に得られます。
  • 操作は非常に簡単で, 落下重錘の重量と落下高さ, 試験片の寸法の設定以外は, 全て制御装置により行うことができます。
  • 落下重錘のリバウンド停止装置が装備されています。

アプリケーション

  • 包装用緩衝材料の緩衝特性評価試験 (動的特性試験・緩衝材(ダンボール, 発泡スチロール, 発泡ウレタン等)・成形品(バンパー, タンク) )

仕様

型式 ACST-200
供試品最大寸法 (mm) 220 x 220 (面積:484cm2)
落下重錘質量可変範囲 (kg) 軽量型:2.3 kg - 10.0 kg
重量型:5.0 kg - 50.0 kg
最大加速度 3000m/s2 (300G)
最大落下高さ (mm) 1200 mm
本体寸法 (mm) W565 x D740 x H2730
本体質量 (kg) 480 kg
制御装置寸法 (mm) W575 x D750 x H1220
電源 AC200V 3相 5A
適合規格 JIS Z 0235-2002, ASTM D 1596-02(2009), MIL-C-26861-87

※落下重錘は超軽量型0.9kgもあります。(オプション)
※落下重錘が3kg以下の場合はリバウンド停止装置が使用できません。

オプション

衝突速度測定装置 VS-2 重錘の衝突速度の計測
緩衝特性解析ソフトウェア
CCA-Win
加速度・変位 ─ 時間線図
緩衝係数 ─ 最大応力線図
最大加速度 ─ 静的応力線図
最大変位 ─ 静的応力線図
試験データ記録表等の作成


製品に関するご質問やご相談を承ります。
お気軽にお問い合わせください。


tel:029-848-3571

TOP